ここでは、患者さんやご家族の方が顆粒球吸着療法についての正しい知識の習得と理解を深めていただくために、詳しくご紹介いたします。

監修:
東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター長 鈴木 康夫先生

顆粒球吸着療法を受けられる患者さんへ

炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎とクローン病の病因は共に不明であり、良くなったり悪くなったりを繰返すことが多く、長期に渡り治療を続けていかなければなりません。効果を有し、かつ重篤な副作用の少ない治療法が望まれます。

顆粒球吸着療法は、劇症、重症、難治性の潰瘍性大腸炎における活動期の病態の改善や寛解導入を目的に2000年4月に保険適用され、以来潰瘍性大腸炎の治療の選択肢として広く用いられてきました。現在では、厚生労働省の難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班による「潰瘍性大腸炎治療指針」や日常診療を支援するために作成された「潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン」(日本医療機能評価機構)におきましても推奨されている治療法です。

また同じ炎症性腸疾患であるクローン病に対しても効能効果が認められ、2009年1月に保険に収載されました。炎症性腸疾患に対して、今後さらに実施されていく治療法であると言えます。

このサイトにより、患者さんやご家族の方が顆粒球吸着療法についての正しい知識を持たれ理解を深めて頂ければ幸いです。また患者さんの病状が軽減され、充実した日々を過ごされることを願っております。

東邦大学医療センター佐倉病院
IBDセンター長 鈴木 康夫

顆粒球吸着療法ガイドブック

患者さんやご家族の方が顆粒球吸着療法について
理解を深めていただくための冊子です。

PDFを開く(1.8Mb)