治療法について:内科的治療(その他の治療法)

白血球除去療法

1) ビーズによる顆粒球吸着療法(2000年4月保険適用)
2) フィルターによる方法(2001年10月保険適用)

潰瘍性大腸炎での白血球の位置付け

白血球は、元来外から入ってきた細菌やウイルスなどから体を守る、生体防御として大切な役割を持った血球です。 しかし、潰瘍性大腸炎の患者さんの腸には、白血球(特に顆粒球)が集まり、本来守るべき自分の体の一部である腸を攻撃します。
この状態が潰瘍を悪くしたり、治りを遅らせたりします。

顆粒球吸着療法

顆粒球吸着療法は、血液を一旦、体外に連続的に取り出し、白血球の中の特に炎 症に関与している顆粒球・単球を選択的に除去する医療機器(顆粒球吸着器)に通し、その後血液を体内に戻すものです。

この様に血液を体外に取り出す治療法は体外循環療法(血液浄化法)と言い日本や欧米ではいろいろな疾患や難病で数多く行われています。
顆粒球吸着療法は、活動期の潰 瘍性大腸炎の治療法として、2000年4月より保険適用となり、またクローン病の治療法として2009年1月より保険適用となりました。

潰瘍性大腸炎に対する顆粒球吸着療法の概要
治療時間
約60分
治療回数
一連の治療につき10回まで(劇症の方は11回まで)保険適用
対象
重症、劇症、難治性の活動期潰瘍性大腸炎
医療費について
指定難病医療費助成の認定をされている患者さんは、顆粒球吸着療法を受けることによる、特別な自己負担は発生しません。