外科治療に関するQ&A メモを隠す
回答者:東京大学大学院医学系研究科・医学部 臓器病態外科学講座 腫瘍外科 教授 渡邉聡明 先生
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード番号 64
登録日時 2010/12/3 11:26 登録者 JIMRO
更新日時 2010/12/3 13:13
更新者 JIMRO

質問 術後は痛いのですか?
答え 手術は全身麻酔で行いますが、多くの場合、硬膜外麻酔(こうまくがいますい)という方法も一緒に行われます。これは、背中にやわらかいチューブを刺して、このチューブから薬を注入し、主に手術で操作が行われる腹部や肛門部の痛みを和らげるものです。このうち全身麻酔は手術中のみに使われますが、硬膜外麻酔を行うチューブは、多くの場合術後の痛みに対しても使用されます。したがって、手術が終わった後、回復期間中にもこのチューブから薬を注入して術後の痛みを和らげることができます。また、この方法を用いない場合や、チューブから薬を入れても痛みが取れない場合は、痛みに対して別に薬を使用することも可能です。ですから、術後の痛みに対して対処できるので、あまり心配する必要はありません。
カテゴリ 術後合併症について
参考図
参考図2

先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ